RSS | ATOM | SEARCH
イタリア発着便の「?」  スーツケースを放り出されて……
 イタリア発着便の「?」
   スーツケースを放り出されて……
                                  ・
 ここまでのマナー違反、と言うのも珍しい、というできごとを体験しました。マナーというより、規定違反とも言えることでした。
それは、成田空港行きのスカイライナーに乗車した時です。荷物置き場にスーツケースを起き、指定の席につきました。ちょうど、前方の席で、荷物置き場の様子が完全に見えます。次々に乗りこむ国内外の人たち。当日は、世界各国の旅行者が目立ちました。
                                  ・                             
 すると、驚きの事態が発生! あろうことか、私のスーツケースを外に出し、自分のものを置いた中年女性を目撃しました。すでに、いっぱいになっていた置き場だったので……ということでしょうが、あまりにも野蛮。
 すぐに近寄り、「なんというマナーなの?」と英語で告げましたが、知らん顔。中南米人のようでした。まるで、「ワタシ、エーゴ、シリマセ―ン」表情を装ったのです。乗客の列が続いているため、言いあっては迷惑をかけます。このテの相手とマナー談義をしてもラチがあかない、と察し、外に放り出された自分のスーツケースを、席まで運びました。
                                  ・
 それにしても、なんというガイジンでしょう。悪評高き中国人来日客だって、ここまでのことはしない気がします。もし、私が、この事態を目撃しなかったら、どうなったことか。想像すると、ゾッとします。
 ところで、空港内の免税店、このところかなり様変わりしている、と実感。爆買いしていた中国人たちが激減しています。それに、以前のような騒がしさは、あまり見かけなくなりました。一時は、ホント、すごかったですからね。日本のバブル期のクレージーさをこえるものがあり、愕然とするばかりでした。
                                  ・
 さて、次回のスカイライナー。どのような対策を考えて乗りこみましょうか。長年、宅配便でスーツケースを空港送りしていました。ですが、アリタリア航空のチェックインカウンターは、手荷物受け取り所と正反対のところにあり、とても不便。このところ、どうしても自分で運ぶようになっていました。
 ハテサテ、どうしたものか。日々思案中の私です。
                                  ・
 タカコ・半沢・メロジー
                                  ・
 
author:タカコさん タカコ・半沢・メロジー 半沢隆子 半沢タカコ, category:イタリア発着便の「?」, 00:09
comments(0), trackbacks(0), - -
イタリア発着便の「?」   パスポート物語 その2
 イタリア発着便の「?」
        パスポート物語 その2
                                ・
 前回に続き、パスポートのテーマとさせていただきます。私自身の紛失ストーリーではありません。直接、間接的に知っているトラブル例をあげてみます。
                                ・
1.チェックインどきに気づくパスポート持参忘れ。あるのですよ、けっこう。知人か否かにかかわらず、何人もが、これでフライト断念。期限10年の日本パスポートは赤で、同色の手帳を誤って持って行った例もあり。
2.有効期限切れ。あるいは、旧パスポートを持参してしまった。EU圏内の人が、EU国を訪れる時は、パスポートの提示不要(身分証明書のみで出入国)。そのためか、パスポートの有効期限を確認しないケースもある。
                                ・
3.パスポートを、すでに預けてしまったスーツケースに入れたまま。最近は目にしないものの、昔は何度か目撃。チェックインカウンターで大型ケースをオープンせざるをえないハメに。
4.家族のパスポートをまちがって持ってきてしまう。これもNG.フライトは無理。
などなど、実際に生じたケースばかりです。
                                ・  
 翌日、同じフライトがあり、しかも空席だってあるというのなら、明日出なおす、ともなるでしょう。今は、そういったフォローをしてくれる、と聞いています。でも、予定が狂ってしまいますよね。グループツァーへの参加なら、ひとりだけ翌日に、というのは不可能かもしれませんし。
                                ・
 皆さん! パスポート無しの海外旅行はできないので、くれぐれも御用心。有効期限の確認、その他にしっかり留意して、空港へ向かってください。「パスポートの持参まちがいなんてするわけない」の過信も禁物。しつこいくらい確かめていただきたいです。
 タカコ・半沢・メロジー
                                ・
 
 
author:タカコさん タカコ・半沢・メロジー 半沢隆子 半沢タカコ, category:イタリア発着便の「?」, 23:34
comments(0), trackbacks(0), - -
イタリア発着便の「?」   またしてものパスポート紛失
 イタリア発着便の「?」
        またしてものパスポート紛失
                                  ・
 これでいったい何回目? の大失態ストーリー、バラしてしまいます。それは、命の次に重要、とも言われるパスポートの紛失です。所持無しでは、チケットがあっても海外への発着、できません。いちばんの身分保証となるのがパスポートなのです。それなのに……。
 今までは、空港のラウンジに置き忘れたり、スーツケース引き取り場に落とす、というケースばかり。いつも、すぐ、親切な職員や日本人搭乗客のかたが気づいてくれ、ことなきを得ました。ところが、つい先日の成田空港では、とんでもない状況に陥ってしまったのです。かつてない、魔の体験となりました。
                                  ・
 空港での出国審査をすませた後(まいりました、中国人、韓国人の搭乗客が長蛇の列で。いよいよ、自動ゲート登録が必需、と実感)、トイレへ直行。長〜い列で待たされ続けたストレスか、なぜか、パスポートとボーディングカードを手にしたままでした。いつもなら、すぐ、バッグに入れるのに。
 トイレを出て、ゲートへ向かいつつ、ボーディングタイムを確認しようとしたものの、ありません! パスポートとボーディングカードが消えています。あ、トイレの中だ! 即刻戻ったものの、入ったトイレは使用中。マ、すぐ出てくるでしょう、と呑気にかまえていたのが大まちがい。5分、10分たっても、いっこうにお出ましになりません。
                                  ・
 すでに、かなりの待ち列。他のトイレが空くたびに、私は「どうぞお先に!」と伝えるのみでした。なんとも情けない……。
 ふつう、10分以上ものトイレ使用ケース、ありませんよね。気分を悪くして、中で倒れているのかも……とも案じました。声をかけようか? でも、日本語? それとも英語にすべきかしら? などと思案しているうちに、15分経過。
                                  ・ 
 こ、こ、これはヤバイ、と感じましたね、私。とうとう、そのトイレのドアをノックしてしまいました。
 が、それでもダメ。まだ出てきません。これは、空港の職員を呼ぶしかない、と察した瞬間、ようやく、若い女性がお出まし。フーッ、なんと、20分近いおトイレタイムでいらっしゃいました。
 素早く入り、無事、我がパスポートとボーディングカードをゲットの私。生き返った心地でいっぱいでした。
                                  ・
 それにしても、かのヤングレディ(20代なかばくらい)は、なにゆえ、20分間もトイレに立てこもっていたのでしょう。狭〜い場所だと妙に落ち着くタイプ? 入念なメイクをしていた? 今だに謎です。
 そんなこと考えるより、猛省しなさい、パスポート忘れに、ですよね。
                                  ・
 タカコ・半沢・メロジー
 
      
author:タカコさん タカコ・半沢・メロジー 半沢隆子 半沢タカコ, category:イタリア発着便の「?」, 21:38
comments(0), trackbacks(0), - -
イタリア発着便の「?」  ここまでのガングロはアンチ・クラス
 イタリア発着便の「?」
       ここまでのガングロはアンチ・クラス
                                ・
 ヨーロッパ人のステータスのひとつに、小麦色の肌、というのがあります。美しいブロンズ肌の人ほど、優雅なバカンスに徹している証し、と言われているのです。
でも、フランスの新大統領のスーパー年上奥さんほどのガングロさはどうでしょう? あそこまで焼くのは、むしろお下品、という気がする私です。
                                ・
 先だってのミラノ発、成田行き便では、思わず引いてしまうほどのガングロ日本男性がななめ席に搭乗。ブロンズをとおりこえ、しっかり真っ黒の全身でした。ごていねいにも、半ズボンのスーツ着用。脚の黒さまで御自慢のようでした。完璧に、焦げ状態!
でも、なんか不自然。避暑地での日焼け、という感じがしないのです。きっと、日焼けサロンで全身ガングロにしたに違いありません。大金、かけてるな〜、といったぐあいの激焼けさでした。 
 お連れは、秘書とも愛人ともつかないような若い女性。彼女のほうは、プチガングロ肌でした。イタリアのブランド袋をいくつもお持ちでございました。
                                ・
 さて、ウルトラガングロ氏、50代なかばでしょうか。私好みではないチョビ鬚が、なんともダサイ。品格、皆無なのです。どうみても成金レベル。右手の中指、小指のゴールドリングの巨大さも、ゲスっぽさ丸出しでした。
 きっと、お金はうなるほどあるのでしょう。一目で高級とわかるものばかり身につけてはいましたから。されど、ちっともサマになっていない。むしろ、悲しいくらい、「ヨーロッパのステータス、達成しました」と勘違いしている。辛いものがありますね、こういう日本人を目にすると。哀れ感、ヒシヒシです。
                                ・ 
 フライト中、ほぼ仲良く爆睡のおふたり。お疲れなのね、とよけいなことを想像。成田空港着どきは、みごとなほど別行動されていました。やたらウォッチングに集中したためか、いつもよりスピーディな成田着と痛感しました。
 タカコ・半沢・メロジー
 
author:タカコさん タカコ・半沢・メロジー 半沢隆子 半沢タカコ, category:イタリア発着便の「?」, 21:16
comments(0), trackbacks(0), - -
イタリア発着便の「?」   空港内で生きるシニョーラの幸せ
  イタリア発着便の「?」
    空港内で生きるシニョーラの幸せ
                                ・
 どこにいてもボンヤリの私です。子供の頃から注意散漫だったことも確か。今もってまったく改善、好転していません。ミスや誤り、勘違いも実に多く、我ながら、よくぞ生きてこられた、とさえ感心します。
「アンタ! 気をつけなさいよ‼」
ミラノ・マルペンサー空港でもよく言われます。到着フロア、ある箇所のシートでのことです。ハンドバッグが開いたままだったり、パスポート(!)その他を落とした時、やさしさ、キツさが入り混じった声で諭されます。空港内のスタッフ? いえ、80近い年頃のみごとにふくよかなイタリア人シニョーラです。
                                ・
 何回も怒られている(注意されている)私は、今や顔なじみ気分。「ボンジョルノ」と声をかけるようになりました。シニョーラは貫禄いっぱいの声で「チャオ」と返してくれます。イタリアのマンマそのもの!
 いつも、大小のバッグや袋といっしょに、2〜3席分をひとり占めしてドップリ座っているシニョーラ。そうです。空港内で寝泊まり生活をしているホームレス婦人。世界的に活躍のピアニスト、フジコ・ヘミングウェイさんにどこか似た風貌。迫力、あります!
                                ・
 いつだったか、シニョーラが陣取っている席に、姿がありません。トイレにでも行ってるのね。そう思い、空港内の行きつけショップに立ち寄り、半時間ほどすごしました。その後も、シニョーラの姿なし。身の回り物も消えているではありませんか!
彼女に、なにか起こった! 胸騒ぎがして、同じショップにひき返し、スタッフに尋ねてみました。
「あ、あのシニョーラね。時々、場所を変えるのよ。そのほうがリフレッシュにいいみたい。大丈夫! すごく元気にしているから。いいシニョーラよ。決して物乞いとかもしないしね。みんな、それなりに見守っているのよ」
と言われ、安堵したものです。
                                ・
 シニョーラに同情、憐みの念はありません。偽りだらけで生きているどこかのリーダー夫人などより、ずっとずっと幸せな人生、とも感じます。
 でも、彼女が発病したり、怪我などしたらどうするのでしょう。きっと、空港内の人たちが、すぐさま救いの手をさしのべてくれるに違いない。そういう国です、イタリアは。
                                ・
 タカコ・半沢・メロジー
 
author:タカコさん タカコ・半沢・メロジー 半沢隆子 半沢タカコ, category:イタリア発着便の「?」, 23:23
comments(0), trackbacks(0), - -
イタリア発着便の「?」  空港内で生きるシニョーラの幸せ
  イタリア発着便の「?」
    空港内で生きるシニョーラの幸せ
                                ・
 どこにいてもボンヤリの私です。子供の頃から注意散漫だったことも確か。今もってまったく改善、好転していません。ミスや誤り、勘違いも実に多く、我ながら、よくぞ生きてこられた、とさえ感心します。
                                ・
「アンタ! 気をつけなさいよ‼」
ミラノ・マルペンサー空港でもよく言われます。到着フロア、ある箇所のシートでのことです。ハンドバッグが開いたままだったり、パスポート(!)その他を落とした時、やさしさ、キツさが入り混じった声で諭されます。空港内のスタッフ? いえ、80近い年頃のみごとにふくよかなイタリア人シニョーラです。
                                ・
 何回も怒られている(注意されている)私は、今や顔なじみ気分。「ボンジョルノ」と声をかけるようになりました。シニョーラは貫禄いっぱいの声で「チャオ」と返してくれます。イタリアのマンマそのもの!
 いつも、大小のバッグや袋といっしょに、2〜3席分をひとり占めしてドップリ座っているシニョーラ。そうです。空港内で寝泊まり生活をしているホームレス婦人。世界的に活躍のピアニスト、フジコ・ヘミングウェイさんにどこか似た風貌。迫力、あります!
                                ・
 いつだったか、シニョーラが陣取っている席に、姿がありません。トイレにでも行ってるのね。そう思い、空港内の行きつけショップに立ち寄り、半時間ほどすごしました。その後も、シニョーラの姿なし。身の回り物も消えているではありませんか!
彼女に、なにか起こった! 胸騒ぎがして、同じショップにひき返し、スタッフに尋ねてみました。
「あ、あのシニョーラね。時々、場所を変えるのよ。そのほうがリフレッシュにいいみたい。大丈夫! すごく元気にしているから。いいシニョーラよ。決して物乞いとかもしないしね。みんな、それなりに見守っているのよ」
と言われ、安堵したものです。
                                ・
 シニョーラに同情、憐みの念はありません。偽りだらけで生きているどこかのリーダー夫人などより、ずっとずっと幸せな人生、とも感じます。
 でも、彼女が発病したり、怪我などしたらどうするのでしょう。きっと、空港内の人たちが、すぐさま救いの手をさしのべてくれるに違いない。そういう国です、イタリアは。
                                ・
 タカコ・半沢・メロジー
 
author:タカコさん タカコ・半沢・メロジー 半沢隆子 半沢タカコ, category:イタリア発着便の「?」, 20:37
comments(0), trackbacks(0), - -
イタリア発着便の「?」  凍てついたツアコンのセリフ
  イタリア発着便の「?」
        凍てついたツアコンのセリフ
                                  ・
 いました! またしても発見、目撃のイジワルなツァコンさん。40代前後、という感じのその女性は、ヒンシュク承知で書くなら、みごとなほどのキツネ面。表情が乏しく、能面のような印象も受けました。
 成田空港より、飛行機が離陸した瞬間、やや前方の荷物置き場がオープン。ツァー参加者と思われる初老婦人がすぐさま察知して、ツァコンさんに声をかけたのです。すると、信じられないリアクション!
                                  ・
「だから?」「私に、閉めろ、というわけ?」。うーん、ありえない……。一瞬、心が凍てつき、固まってしまった私でした。ここまで非人情な対応をするツァコン、いるでしょうか?
 すぐ、黙ってしまった初老女性。すると、さすがに、少しは気になったのか、こうフォローのツァコン。「今立つと、CAに怒られるんですよ。すぐ、閉めに行きます」
                                  ・
 そりぁ、事実でしょう。離陸後にシートベルトをはずして立つことは禁じられています。でも、「だから?」はないでしょ。「私に閉めろ、というわけ?」も冷たすぎるセリフ。こんなツァコンを雇っている旅行社というのもひどいな、と思ったものです。
 が、それは、日本最大の旅行社だったのですよ。そう、「J」で始まる会社の「ル○○」ツァー。いーんでしょうかねえ、こんなツァコンを容認していて。
                                  ・
 今や、イタリアじこみのお節介おばさんと化した私。思わず、「アンタは、それでもツァコンなの? もう少し違った言いかたがあるでしょ」とクレーミングしたくなりました。
 いけない、いけない。ここで私がわめいては、フライトどきのムードが悪くなるだけ。初老婦人だって、嫌な想いをすることでしょう。もし、もう一度似かよったことが生じたら、ひとこと言ってやろう、とマインドコントロールしたものです。結局、その後は、爆睡に徹していたツァコンさん。お疲れなのね〜え、と感じました。
 タカコ・半沢・メロジー
                                  ・
 空の旅は楽しく
 
author:タカコさん タカコ・半沢・メロジー 半沢隆子 半沢タカコ, category:イタリア発着便の「?」, 23:23
comments(0), trackbacks(0), - -
イタリア発着便の「?」  どっこいしょ、のシュールCA
  イタリア発着便の「?」
         どっこいしょ、のシュールCA

 長いこと、実に長年生きてきた私ですが、今まで体験したことがない、と言えるほどのシュールなできごとに遭遇しました。
 それは、6月下旬のイタリア戻りフライトでのこと。ほぼ満席に近いアリタリア航空の直行便(成田ーミラノ)。何組かのグループツーリストも搭乗していました。その時の日本人CAが「主人公」。アラフォー、いえ、アラフィフ的な感じのベテラン女性です。                                 
 その体型、そして顔つきからして、非常にユニーク! かつてイメージが強かったイタリアのおばさんに負けないボリュームに、まずインパクトを受けましたね。日本人離れしている巨体だったのです。お顔も迫力ありすぎ。国籍不明ムードの個性的さでした。ここまで印象の強いCAに接したのは、初めてです。
                                  ・
 彼女のお仕事ぶりがまたすごかった。12時間余のフライト中、すべて「タメぐち」だったのですよ。機内食やドリンクを配る時は、「なににする?」「ワイン? 白、赤、どっち? 赤にしよう!」といった感じ。もう、ア然の一語に尽きました。                              
 極め付けが、「どっこいしょ」のセリフ。機内食を配膳台から出す時、下段にあると、腰をかがめなくてはなりませんよね。すると、あろうことか、けっこう大きな声で「どっこいしょ」。巨体でいらしたので、身をかがめるのに苦労、というのはわかるものの、この掛け声はCAのかたとしていががなものか。何回も耳にしたため、しまいには愉快にもなりましたけどね。
                                  ・
 あ、日本食かイタリアンの機内食希望を伝えた直後のリアクションも面白いものでしたよ。「日本食、日本食、日本食クンね」。これですもの。笑ってしまうしかありません。                                  
 フライトなかばで提供されるスナック、という場面でも、シュールさ全開。突然、「おやつの時間で〜す}と叫んで起こされました。もう、彼女のユニークさを楽しむしかない。ぜひ、アリタリアを利用してみてくださ〜い!
                                  ・
 タカコ・半沢・メロジー
 
author:タカコさん タカコ・半沢・メロジー 半沢隆子 半沢タカコ, category:イタリア発着便の「?」, 22:04
comments(0), trackbacks(0), - -
イタリア発着便の「?」   機内食にもの申す
 イタリア発着便の「?」
        機内食にもの申す
 あれは、学生の時でした。ひょんなことから、ヨーロッパと北アフリカへの招待旅行を受けた私。英語が大の苦手、ガイジン嫌悪症だったこともあり、「行かない」と宣言しました。すると、学生仲間、そして、今は亡き父から、「それはもったいない」とさとされ、イヤイヤ出かけたものでした。
 当時は、ヨーロッパへの直行便なし。アンカレッジ経由、あるいは南回り便によるフライトでした。搭乗したのは、ルフトハンザ航空。南回り、トランジェットタイムも入れると、計36時間もの所要でフランクフルト着、という空の旅でした。
 これがまあ、楽しかったのですね。なにがって、次々と出される機内食の多さと、バラエティあるメニュー! 現在のフライトでは、とても考えられない充実さでした。大食いの私にとっては幸せの極致。周囲の搭乗客たちは、徐々に残す量が増えていったのに反し、私のみ、すべて完食していました。3〜4時間ごとぐらいに山盛りメニューの機内食が提供された、と記憶しています。
 よかったですね、あの充実さ、そして大ボリューム! それが、いつ頃からか、出される回数、量ともに、急激ダウンしてしまいました。いったい、なぜなのでしょう? きっと、残す客が多いからなのですよね。マーケティングを重ねての決定、実践に違いありません。
ヨーロッパへの直行便だと、平均所要時間は半日。その間、昼食か夕食が出て、到着前に軽食となってオシマイ。おやつタイム的に、おにぎりやサンドイッチが配られたりするものの、私には足りません。いつだって、空腹のまま成田やミラノの空港着となります。
 そして、メニュー内容も、かなりワンパターン、と感じますね。アリタリア航空だと、イタリアンを選ぶと、生ハムの前菜、ラザーニヤ、その他のパスタ。和食チョイスにすると、チキンか牛肉の煮つけがメインメニューとなること多し。いくらエコノミークラスとはいえ、もう少し工夫をしてもらえないものでしょうか?

 例えば、春から初夏にかけては、イタリアじゃ格安のアスパラをごそっ、というのがシャレてる、と思います。
もっとも、ここまで機内食に期待している客なんて、この私くらいかもしれませんね。なんだか恥ずかしい……。ですが、本音なのでしかたがありません。
 
 タカコ・半沢・メロジー
 
author:タカコさん タカコ・半沢・メロジー 半沢隆子 半沢タカコ, category:イタリア発着便の「?」, 23:37
comments(0), trackbacks(0), - -
イタリア発着便の「?」  プレミアムで豚になる
 イタリア発着便の「?」
   プレミアムで豚になる
 プレミアムばやりの日本、と感じます。プレミアムなビール、お菓子、肉……。気がつけば、何でもかんでもプレミアム。ゴージャス度がある、ということでのネーミングなのでしょうね。
 
 もともとは、「賞」「賞金」「額面以上に払う割り増し金」「購買を刺激するために提供される商品や景品」の意味ですよね。あまりの氾濫ムードで、今や高級感や特殊さが減少したような気もします。
 フライトに関しては、ずいぶんと前からありましたよね。プレミアムエコノミーがそれ。エコノミークラスとビジネスクラスの中間、という売りこみです。が、ひたすらエコノミー席に近い、というのが搭乗体験者の声。私も、またそう感じます。食事はエコノミークラスと同じだし、座席にしても、少々広めなだけですから。
 ところが、つい先日、久々に座ったプレエコ席で、新体験。機内食が少しグレードアップされていました。これは、うれしい! 食いしん坊の私なので、エコノミークラスのメニューはあまりにも淋しい、量不足。なんとかならないものか、と悩みのタネでした。
いつ頃からか、内容改善のアリタリア航空プレエコ席の由。ビジネス席ほどではないながら、量的にはけっこう満足できます。必ず、フレッシュフルーツが添えられているのも喜ばしいです。
 ところが、「ン?」マーク発生の軽食。ミラノ着の前に提供される食事内容です。なぜか、蛋白質いっぱいのメニューに徹していました。パニーニに加え、たくさんのパン類のオンパレード。このすべてを食べたら、いったい何カロリーになるの? といったぐあいでした。豚になる……。
 で、残した? いーえ、たいらげましたよ。リッパに完食! 周りをうかがうと、そんな搭乗客,見あたりませんでした。かくして私は、蛋白質で満腹のまま自宅戻りしたものです。スーパーエコノミーな私、と呆れつつ……。
   
 タカコ・半沢・メロジー
 
author:タカコさん タカコ・半沢・メロジー 半沢隆子 半沢タカコ, category:イタリア発着便の「?」, 11:03
comments(0), trackbacks(0), - -