RSS | ATOM | SEARCH
イタリアなう   やっぱり、フレンチよりイタリアン!
  イタリアなう
        やっぱり、フレンチよりイタリアン!
                                  ・
 2月初め、南仏へ行ってきました。ニースやカンヌではありません(嫌いなんです、両都市)。イタリア国境近くのマントンというところ。我が家から、約350km。今までは、フランス食材求めに、日帰りドライブで出かけていました。ですが、夫も高齢となり、往復700kmの運転しっぱなし、というのも酷。それなりのリスクも高いはずです。
                                  ・
 そのため、今回は、マントンへ一泊することにしました。セミオフシーズンゆえ、最盛期の半額ぐらいの宿泊代、というのも魅力でした。最高のロケーションに建つ4つ星ホテルの海辺側ルームを予約。
 ところが、部屋は狭く、防音に問題あり。隣室からの音がことごとく耳に響き、そのたびにマルが警戒する始末でした。夜中に何回起きたことか。おかげで、こちらも満足な就寝が叶いませんでした。
                                  ・
 それでも、目的の食材購入はパーフェクトに成就。イタリアでは売られていない計り売りのパテやテリーヌなどを7〜8種求めました。高級ではないものの、夫が、「絶対、失敗しないおいしさ」と断言するコート・デュローヌの赤ワインも! いつもより少なめで、1ダースにしました。
                                  ・
 計り売りのパテのなかには、夫の所望するフォアグラもあり。保存がきかないホームメイド的なためでしょうか。缶詰のフォアグラより、はるかにお安い。それでも、他のパテの数倍のお値段でしたけど。
 美食家じゃないせいか、フォアグラ好みではない私。ごく庶民的で最安価の田舎風パテのほうがずっとおいしい、と感じます。
                                  ・
 帰宅して、何食がフレンチ一色の我が家。2回目ぐらいまでは、パテなどをじっくり味わったものの、3、4度目は、もうけっこう気分です。とうとう、胃が重たく、ムカムカしてきました。ことにフォアグラがいけなかった。鴨やダチョウ、アヒルの肝臓を強制肥大させて作るものですからね。
 精神的、健康的によろしくない、と実感。こんなのを食べ続けていると、北朝鮮の将軍親子みたくなっちゃうだろうな、とも悟ったものです。
                                  ・
 飽きずにパテ類を頬ばる夫を無視して、私はミネストローネ。ああ、幸せ! これよ、これ‼ イタリアンのほうが、ずっとずーっと体にも心にもやさしい、そう再確認しました。
 タカコ・半沢・メロジー
 
  
author:タカコさん タカコ・半沢・メロジー 半沢隆子 半沢タカコ, category:イタリア発着便の「?」, 23:50
comments(0), trackbacks(0), - -
イタリア発着便の「?」  パジャマ姿の日本女子

 イタリア発着便の「?」(1)
   パジャマ姿の日本女子


 日本特有のファッションなのでしょうか? 夏でもないのに、ごくごく薄手素材の服を身につけている女性が少なくありませんよね。ことに、スカート! オバさん世代(失礼!)でも、古い表現をすると、シースルー地のものや、レース素材を着用。イタリアでは目にしないだけに、「お―!シュール!!」と、つい注目してしまいます。

 日伊間の機内でも、よく見かけますね。真冬だってしかり、です。フライト中は暖房がきいているのでいいでしょうが、空港までの移動どきは寒くないのか? 冷え症化しないのか?はたまた、ヘタをすると、ダンサーとまちがえられないか? などと、実によけいなお節介心配までしてしまいます。
と、よく訪伊されている読者さんからは、こんな御指摘が入りました。

――それってパジャマでは? と思わざるをえない服で搭乗している日本女子、いますよね。なんなんでしょう……。
 確かに! スポーツウェア的なジャージの上下、というより、正真正銘のパジャマ姿の日本女性、必ず目にしますね。パジャマ、というわけではないのでしょうが、どう見ても寝具着衣としか思えない、といったファッションなのです。
 おまけに、夏でなくともビーチ用みたいなサンダル履き。盛夏にしたって、機内はともかく、空港でもサンダルでペタペタ歩くのはいかがなものか、と感じる私って、みごとオバさん発想なのでしょうか?

 そのパジャマ、プラス、ビーチ用サンダルのまま、終始イタリアの旅を続ける日本女子も少なくない由。ここまでくると、その「勇気」「大胆さ」に、すごい!とさえ感心(?)してしまいます。そして、どういう思考、感性、必要性から、こうしたスタイルに徹するのかを知りたくなるほどです。
 あ、そうそう!年間を通し、フライト中上着のフードをかぶったままの乗客もいますね。これはむしろ、イタリアの若者により多い気がします。こういうところにも、日本とイタリアの差が現れるのでしょうか。なかなか興味深いです。

  タカコ・半沢・メロジー

  リラックスしすぎだよね
  機内では、パジャマなどは、キナイでねって

  

 
author:タカコさん タカコ・半沢・メロジー 半沢隆子 半沢タカコ, category:イタリア発着便の「?」, 00:03
comments(0), trackbacks(0), - -